ルナベリーは授乳中(産後)や妊娠中に飲めるサプリなの?

MENU

ルナベリーはいつでも飲めるの?

ルナベリーはハーブ由来だときくけれどもハーブもホルモンに作用したりするものなどがありますから飲むにあたっては注意が必要ですよね。まして生理前のホルモンバランスが崩れている時に効果がでるタイプのものですから、例えば妊娠したら飲めるの?という素朴な疑問がわくと思います

 

ルナベリー 妊娠中

女性の体は大変デリケートですし、妊娠中は赤ちゃんがお腹の中でぐんぐん育つ大事な時期ですからね。妊娠すると身体、心の変化に敏感になりますからこれはぜひ知っておいたほうが良いでしょう

 

ルナベリーを安心して飲んで頂くために

結論から言うと

妊娠中はルナベリーの摂取を控えて頂いたほうが良いでしょう

ルナベリーは天然ハーブとビタミンが主な成分としているので一見、どんな時期でも飲めそうなイメージが有るのですが、イソフラボンが配合されているのです。御存知の通りイソフラボンはエストロゲンという女性ホルモンと似た働きをするので、骨粗鬆症の予防やバストアップなどに効果が期待できるものです

 

イソフラボンは主に大豆からとれるので、妊娠中や授乳期の女性がたくさんの量を摂取すると、赤ちゃんが大豆アレルギーになってしまったり、胎児の発育に何らかの影響が出てしまうおそれがあるということがわかっているのです。ですから妊娠中、そして授乳している期間は念のためルナベリーを摂ることを控えたほうが良いのですね

 

イソフラボンは大豆由来だからといって豆腐、納豆、味噌汁などまで控える必要はありません。通常の食事ではバランスよく摂って下さい。あえてサプリメントで補充までしないほうが良い、というくらいに理解して下さい

 

授乳中は?

ルナベリー 授乳中

前述の通り、ルナベリーは妊娠が分かったら一度使用を中止して下さい。ではいつ頃からまたのめるのか?というと、産後、卒乳を目安にまた再開するのが良いでしょう

だいたいの方が卒乳の時期を目安に生理もはじめるので時期としては最適と思われます

赤ちゃんへの影響を心配しなくてすみますし、その頃はまた生理がきてイライラや落ち込み、肌荒れなど自分のケアをしたいと思う時期でもありますね。

 

 

>>ルナベリー口コミ隊 TOP